どらいちの情報商材検証1
どらいちの情報商材検証1

AREA27 江川一輝氏は構想期間4年間、500人で累計27億円を生み出した?

AREA27 江川一輝氏は構想期間4年間、500人で累計27億円を生み出した?徹底鬼検証!

皆さんこんにちは。

検証の鬼どらいちです。

セブン―イレブンが始めたスマートフォン決済「セブンペイ」で、一部利用者のアカウントが第三者の不正アクセスを受け、勝手に取引されたと運営会社が3日発表しました。

セブン&アイ・ホールディングス広報によると、顧客の問い合わせで発覚したそうです。

本人が取引していないのにチャージ(入金)したとの通知やメールが届いたとのこと。

買い物に使われた恐れが高く、被害件数や規模、原因は「調査中」だそうです。

取引の安全を確認するまで、クレジットカードとデビットカードからのチャージが停止になるそうです。

「セブンペイ」ですが結構大々的にプロモーションしていますよね。

セブンイレブンで買物をするたびに目につきました。

早く安心して利用できるようにして頂きたいものです。

さて、本日検証する商材はAREA27。

LET’S START!

AREA27 江川一輝氏
AREA27 江川一輝氏

販売会社…合同会社Chaser
販売責任者…江川一輝
住所…〒153-0064 東京都港区浜松町2丁目2番15号浜松町ダイヤビル2F
メールアドレス area27egwkzk@gmail.com
電話番号…※メールよりご請求いただければ、開示いたします。
販売URL…http://area-27.com/lp-1ghod/

江川一輝氏

本日の検証は、ビジネスモデルが無在庫転売のオファーだ。

早速、江川一輝氏から検索を開始しよう。

AREA27 江川一輝氏02
AREA27 江川一輝氏02

江川氏は昨年、Zelo’s Projectという高額コンテンツを販売しているな。

ビジネスモデルは今回同様、無在庫転売だ。

23コンテンツと200分の動画コンテンツ、

お値段は、298,000円だ。

ヤフオク、メルカリ、オタマートで仕入て、

amazonで売る。

そんな内容だが、

各種アカウント開設とか、

無在庫出品の概要、準備、考え方とか、

298,000円もするのに、ネットで調べればいくらでも出てくるコンテンツばかりだ。

転売についてほとんど知らない初心者に何とか買ってもらおうという魂胆が丸見え。

これはよろしくない!

今回も、このコンテンツ同じようなモノ、若しくは全く同じモノの販売が目的なのか?

合同会社Chaser

次に販売会社の合同会社Chaserだが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

法人登記はされている、

しかし、このオファーの特商法表記にある住所ではない。

合同会社Chaser

ん?待てよ、

以前のオファーは昨年の9月ごろだな。

で、Zelo’s Projectは江川一輝氏個人のオファー(販売会社の表記は無い)

その時の住所は、東京都大田区西糀谷3-1-10 コンフォール慈恵304

法人登記されている合同会社Chaserは、東京都大田区西糀谷3丁目1番12
(この時は近くに引っ越したのかな?)

今回のオファーの住所は、東京都港区浜松町2丁目2番15号

しかもこの会社、法人番号指定日、最終登記更新日、ともに

2019/05/22になっている?

何かよくわかんないよ。

どうなってるの?

今回のオファーの契約を取ったらまたどこかに移動するのかね?

それとも、皆さんたちから逃げ回っているのか?

AREA27

AREA27・・・

何かアメリカ空軍の基地みたいだな・・・

エイリアン、UFO、江川一輝氏・・・・・・

ランディングページ、動画を確認してみよう。

・江川氏の実績は、毎日だいたい20万円〜50万円以上を売り上げ、1ヶ月間で1000万円以上の売上げを出したことがある。

・過去の参加者の実績は、ひと月に100万円とか150万円の売り上げを上げた。

・初月から50万円売り上げた初心者がいる。

世界中を平和にといった大袈裟な目標ではなく、身近な人に幸福の連鎖をという今自分にできることから始めるといったコンセプトで事業に取り組んでいる。

まあ、それで稼いだ実績を見せている・・・

それ↑に関してだが、正直大した証拠にはならない。

本当に稼いでいるのかもしれないが、これから皆さんがソレを稼げる確証はないしな。

なぜなら、特商法表記の表現及び商品に関する注意書きに、こう↓ある、

本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

そう載せるのであれば、

初月から50万円売り上げた初心者とか、

ひと月に100万円とか150万円の売り上げとか、

1ヶ月間で1000万円以上の売上げとか、

そういった表現は控えて欲しい。

まして、初心者をターゲットにするのであれば、まずは無在庫転売のリスクから説明しないとダメなんじゃないの?

例えば、ブランドの偽物を転売する可能性があるとか、

USED品やリサイクル品など古物にあたる場合には古物商の許可が必要とか、

仕入れ先から購入者に直接商品を送った場合個人情報保護法違反になる可能性があったり・・・etc.

無在庫とはいえビジネスである以上、リスクは必ずある。

まとめ

さて、まとめてみよう。

・江川一輝氏は以前Zelo’s Projectという298,000円の高額コンテンツを販売

・以前販売したZelo’s Projectの肯定的な情報がない

販売会社の合同会社Chaserの所在地がどこなのかはっきりしていない

・特商法表記の表現及び商品に関する注意書きに、本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。とある。

・ビジネスに必ずあるリスクやデメリットを前面で説明していない。特商法表記に小さくあるだけ。

以上のことから、この江川一輝氏のオファーはよろしくないモノと判断できる。

副業とはいえお金を稼ぐ以上ビジネスだ。

まして、皆さん、副業を本業にしたいからこのブログをご覧になって頂いているんだよね。

ならば、プロをめざそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

以上、どらいちよりの報告完了。

**業界の健全化にご協力を!**
どらいちからのお願い!
どらいちからのお願い!

情報商材で儲かるものはほんとんどありません。

まだまだ、この業界の端っこの立ち位置にいる俺ですが、少しでも皆さんのお役に立てれば、と思いこのブログを立ち上げました。

皆さん、応援よろしくお願い致します。

どらいち

管理人おススメの厳選商材