どらいちの情報商材検証1
どらいちの情報商材検証1

本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good- スポーツベッティングで生きていけるのか?

2020年4月14日

本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good- スポーツベッティングで生きていけるのか?徹底鬼検証!

皆さんこんにちは。

検証の鬼どらいちです。

百貨店・大沼(山形市)は、自己破産を山形地裁に申請し、手続き開始決定を受けたそうです。負債総額は約30億円に上るとのこと。

大沼の売上高は1993年2月期に196億円を計上しましたが、2017年2月期は85億円、19年2月期には74億円まで急減。同10月以降は消費税増税の影響で前年同月比30~40%減が続いてしまったようで・・・

日本百貨店協会によると、山形県は全国で唯一、百貨店のない都道府県になった、と山形新聞が報じています。

百貨店という業態はこのまま廃れてしまうのでしょうか?

何か寂しいなあ・・・

さて、本日検証する商材は、本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good-。

Let’s Start!

*当ブログの読者様からの情報

この本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good-で被害に遭われた当ブログの読者様より情報を頂きました。

注意喚起として、ご紹介させて頂きます。

ここから
本田一希のサイト(LIFE IS GOOD)に無料だと思い登録情報を入力してしまたのかも?
突然電話が掛り、必ず儲かるから、代金は後で利益が出てからで結構ですのでと言われ、
巧みに、クレジットカードが必要になりますので、
確認の為クレジット番号を教えて欲しいと言われ、1枚教えると、
これ使えませんから他のカード無いですか?と聞かれ、
同様に次々と4枚教えてしまったら、
その時点で100万円引き出されてしまいました。
現在クレジット会社と調停中で、弁護士と相談中です。
ここまで

何とかクレジットカードのチャージバック成功を祈っております。

本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good-
引用元:https://lig-projiect.com/bosque1/

特定商取引法に基づく表記・・・記載無し

販売URL:https://lig-projiect.com/bosque1/

動画:https://lig-projiect.net/lig_story/

本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good-

あなたは今、楽しんで生きていますか?

LIFE IS GOOD
好きなことで生きていく

という何とも魅力的なセールスを謳っている今回のオファー。

何でもこのオファー、スマホをたった2回タップするだけで毎月50万円が手に入るという、驚愕の自動収益ツールを”完全無料(0円)”でプレゼントしてくれるらしい・・・

しかし、何を行って毎月50万円を手に入れるのかというと…これこそ驚愕のブックメーカーだった・・・

どうやらBet365スポーツベッティングで稼ぐようだ…しかも、LINEに送られてくる通知を確認し、ベットをするという・・・

Bet365(Wikiにリンク)

何とも、稼げる気がしない内容となっている。

だってねぇ、AIが試合結果を予測したところで、それが必ず当たるなんてことはあり得ないからねぇ・・・

投資系の自動ツールでは、最先端のAIシステムにより、お金を入金するだけで全ての管理を行って、月利20%とか信じられない利益を謳っているものですが、現在のAI技術で100%の確率で稼げる自動ツールなど存在しません。
https://mato.ma/column/3856

尚、ブックメーカーは↓の引用を見てお分かりなる通り、賭け、即ち賭博である。

ブックメーカー(bookmaker)とは、欧米における賭け屋である。bookie(ブッキー)とも呼ぶ。台帳(book)をつける人、すなわち日本語のノミ屋を意味する場合が多い。多くが法人として営業している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

賭博(ギャンブル)である以上、絶対は存在しない。

しかも、ブックメーカーは日本では原則禁止となっている。

但し、ネット普及に伴い海外のブックメーカー運営企業で賭けを行うことは所謂グレーゾーンとなっているのが現状ではある。

ギャンブル系の情報商材で「簡単に稼げる」「必ず当たる」という言葉が出てきたら注意して下さい。ギャンブルは、勝つか負けるか不明確なものです。

もし、仮にギャンブルの必勝法があれば、勝ち続けてお金を儲けることができるため、他人に商材として販売する必要がありません。
https://mato.ma/column/1302

 

当ブログでも数々のブックメーカーオファーの検証を行ってきた。

DREAMスタジアム(ドリスタ) 渡辺MASA スポーツベットで山分け?マジ?

岡芹史郎氏のゴールデンサークルプロジェクトは1ヶ月で1万円が15万円になる?

↑2つは今回のオファー同様Bet365を使ったオファーだった。

そのうちの今回のオファーと似た内容のゴールデンサークルは、集団訴訟サイトに実践者の皆さんの投稿を確認することができる。

テニスの自動売買が始まったので、稼働させてみましたが、70000スタートで、3日で30000になりました。自動なので、こちらとしてもどうすることもできず、ただ負け続けています。ちなみにサッカーの自動もやりましたが、一月足らずで50000が0になって終わりました。
https://mato.ma/project/golden-bmm-okazeri

その他の投稿を見ても分かる通り、勝つこともあるが負けることもある…それがギャンブルだ。

従って、毎月50万円という具体的な金額を稼ぐのは到底無理な話だ・・・

それを、さも毎月50万円を手に入れられるような表現をしている時点で、このオファーはどうかと思うのだが・・・

皆さんはどう思われるであろうか?

本田一希とは?

今回のオファーの発起人は本田一希氏という方。

本田一希
引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=VhTIlMQFZeg&feature=emb_logo

この2TAPの開発者でもあるようなのだが…例によってネット上でこの本田氏の情報は確認することはできない。

システム開発のエンジニアをしていたとか、そういった情報でもあれば少しは信頼度は増すのだが、どうやらエンジニアの友人がこのシステムをプログラムしたようなことを動画で言っている・・・

じゃあ、本田氏は何なんだ?

・・・

残念ながら、本田氏についての実力は未知数と判断せざるを得ない。

 

Ligプロジェクト-Life is Good-

このオファーの動画を所々かいつまんで確認してみたが・・・

本田氏が開発?したこのシステムは・・・

・エンジニアの本田氏の友人が人工知能をシステムに取り入れた

・勝率99.4%

・現在540連勝中

・通算3937勝25敗

らしい・・・

というか、あり得ない実績だね?

でも、冒頭での引用の通り、そんな凄いシステムをなぜこのような不特定多数を対象としたオファーで、しかも無料で配布するのだろう?

それは、本田氏…運営側がこのオファーで稼ぎたいからだよね?

上記のような実績データを叩き出したシステムを、もし皆さんが開発した場合どうするか?よ~く考えて頂きたい。

 

で、前述の通り、このオファーは、スポーツベッティングをBet365で行うというもの。

皆さんはLINE通知に従ってベットするだけなので、簡単に稼げるらしいが、それでは、プレゼントされるという自動収益ツールは何に使うのであろうか?

ちょっとここは良く分からないね・・・

 

又、本田氏は実績として動画でBet365の画面を公表している。

本田一希 Ligプロジェクト-Life is Good- bet365
引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=VhTIlMQFZeg&feature=emb_logo

その画面のベット内容を見ると・・・

掛け金¥341,777.36得られた金額¥345,195.15とあり、オッズは1.010となっていることが確認できる。

この表現はちょっとズルいね…そもそもオッズ1.010ってかなり低くない?

結局勝ち分は¥3,417.79・・・

34万円何某ベットして、3千4百円ちょい儲けたということになるのだが、この賭けを何回行えば50万円になるのかな?

単純に計算すると1ヶ月に約34万円の掛け金を1462回程ベットしなければならない、しかも全勝で・・・

外したら当然34万円損をする・・・

こんな賭け皆さんは出来るかな?

二週間で1万から始めたものが12万まで増えました。
ただその後ズルズルと負けが続き今やマイナスです。
1.2倍程のオッズではおそらく私がプレーした経験では勝率50パーセント程度が妥当かと思います。
悪い事はいいません継続して勝ち続けるのは無理です
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13173283998

↑以前も引用させて頂いた知恵袋のベストアンサーだ。

ちなみに、この動画のBet365での本田氏が勝ったというその他の試合のオッズは、1.010がズラッと並び、良くて1.020、1.012といったところだ・・・

こういった低いオッズに賭けていればそれは勝率は高いだろうねぇ・・・

しかし、外してしまったら・・・

怖いねぇ。。。

 

まとめ

さて、まとめてみよう。

・今回のオファーは、スマホをたった2回タップするだけで毎月50万円が手に入るという、Bet365でのスポーツベッティングのブックメーカーオファー。

・ブックメーカーとは、賭け屋のこと、即ちギャンブルである。

・このオファーの発起人である本田氏の経歴は不明。

・このシステムにAIを取り入れたのは、本田氏のエンジニアである友人。

・ベットについては、LINE通知に従ってベットするだけのようだが、自動収益ツールを”完全無料(0円)”でプレゼントしてもらえる。

・本田氏のBet365での実績のうちの1つは、1.010倍のオッズの試合で掛け金¥341,777、得られた金額¥345,195、勝ち金は¥3,417。(小数点以下は切り捨て)その他の勝った試合のオッズも同様なもの。

以上の事柄を踏まえ、今回のオファーに対する俺の判断は、現在のところ、

アウト!!!

でしょ?

 

しかし、本田氏のBet365の実績にはちょっと驚いたね・・・

だってねぇ、皆さんは、34万円もの大金をブックメーカーに費やせるだろうか?

だったら投資信託とかに回した方がまだマシかと思うのだが・・・

 

今日も最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

以上、どらいちよりの報告完了!

**業界の健全化にご協力を!**
どらいちからのお願い!
どらいちからのお願い!

情報商材で儲かるものはほんとんどありません。

そのような現状の中、皆さんが商材を購入する際の判断基準になれればと思い、このサイトを立ち上げました。

又、なるべく憶測の意見にならないよう、事実のみを列挙することを心掛けております。

頭ごなしの否定も極力しないようにしていますが、たまに感情的になってしまうこともあります・・・そこはご容赦を!

しかしながら、事実を挙げるだけでダメな商材が多々あるこの業界の現状は・・・何とも悲しいですよね・・・

尚、儲かりそうな案件を発見したら直ぐに皆さんに紹介します。

引き続き、応援よろしくお願い致します!!!

 

皆さんからのお問い合わせ、副業に関するご相談、その他、情報、等ございましたら、是非このブログに残して頂くか、直接お問い合わせをして下さい。メアドは非公開ですし、名前はニックネームで結構です。下のお問い合わせフォームからであれば、俺以外に公開されません。

1人で悩まないで下さい!