どらいちの情報商材検証1
どらいちの情報商材検証1

情報商材屋の裏側 内部告発からその実態を認識し、二度と騙されないようにしよう!

2020年5月23日

情報商材屋の裏側 内部告発からその実態を認識し、二度と騙されないようにしよう!

皆さんこんにちは。

検証の鬼、どらいちです。

さて、本日はどらいちの情報商材検証”枕草子”第二弾として、情報商材屋の裏側について説明していきたいと思います。

 

本題に入る前に、この枕草子とは、平安時代の天才女流作家”清少納言”が著したアノ有名な随筆から題名を(勝手に)頂戴しています。

ちなみにこの”枕草子”という題名の意味は、ハッキリと解明されていないようです。

執筆の動機および命名の由来は、内大臣伊周が妹中宮定子と一条天皇に当時まだ高価だった料紙を献上したとき、「帝の方は『史記』を書写されたが、こちらは何を書こうか」という定子の下問を受けた清少納言が、「にこそは侍らめ」(三巻本系による、なお能因本欠本は「枕にこそはし侍らめ」、能因本完本は「これ給いて枕にし侍らばや」、堺本と前田本には該当記事なし)と即答し、「ではおまえに与えよう」とそのまま紙を下賜されたと記されている。「枕草子」の名もそこから来るというのが通説であるが、肝心のとは何を意味するのかについては、古来より研究者の間で論争が続き、いまだに解決を見ない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%95%E8%8D%89%E5%AD%90

まあ、千年以上も前に書かれたものなので、致し方ないのかな、と思います・・・

俺は、清少納言のちょっとひねくれた感覚が大好きなんですよ。

例えば、初っ端から始まる独特の感性…その光景が頭に浮かびます・・・

夏は夜(が良い)。月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。雨が降るのも趣があって良い。
https://manapedia.jp/text/2214

どう考えても”変わり者”であったことが想像できますよね?

しかも鋭く、的確でとても完結。

こういう女性には太刀打ちできません・・・

あ、その前に相手にしてもらえないか・・・

ということで、思いついた際に、情報商材レビューとは違う形で、この枕草子を、たま~に作成するので、皆さんも気が向いたら覗いて頂けると幸いです。

それではいってみましょう!

情報商材屋の裏側 内部告発

今年の2月から、2017年に山戸大輔なる人物が展開をしたゲームセンターオンラインの被害者の方とかなりマメにやり取りをさせて頂いている。

その方は、本当に献身的に当ブログに協力をして頂いているのだが、その中の情報でちょっと見逃せないモノがあったので、ここで皆さんにも紹介したいと思う。

その前に、もしよろしければ、この記事をご覧になって頂きたい。↓

拝啓 株式会社NKクリエイティブ御中

そのゲームセンターオンラインがどのようなオファーであったかは、

販売年月日期間:2017年5月31日から同年6月2日
NKアフィリエイトセンター案件
幼稚園児でも、一万円がたった30秒で稼げる!
人類史上初の最新鋭の稼ぎ方が爆誕!
遊んでいるだけで現金が稼げる全く新しいゲーム
動画にて「今後販売はない」としていた。
https://mato.ma/project/game-center-yamato

この引用のmatomaを”じっくり”と見て頂いた方が良いかな。

そして、このゲームセンターオンラインの被害者の方々に宛てた、勇気のある方”田中(仮名)氏”からの内部告発の文書を、これから皆さんに紹介したいと思う。

内部告発文書

被害者の方へ – 内部事情を知るもの
山戸はただの役者

(●●●FBのリンク。)

裏で仕掛けている〇〇師はこいつ

この塾の売り上げの大半はNKアフィリエイトセンター運営者である
●●●××が受け取っていて、山戸が受け取っている金額は全体の3割にも満たない

山戸はただの役者で、もちろん偽名だし会社もすぐ畳めるように作成した会社だから返金は時間との勝負

山戸キャンペーンでの動画の台本はすべてこの●●●が作成し、
動画のシナリオ、脚本、売り込み中に届くメールもすべて●●●が作成しているため売り上げの取り分もほとんど●●●のもの

●●●のNKアフィリエイトセンターでは、2か月に1回は役者を変え、ノウハウを変えて
同じ手口の高額塾のセールスを繰り返している

NKアフィリエイトセンターの過去案件

・松木奈々子 ビスケット貯金箱
・森下博 カタログビジネス
・深沢亜樹 ファストパス年金システム

これまでの塾で塾長役を務めた人間はすべて業界からもフェードアウトしている

要するに●●●にとっては金儲けのための使い捨ての人物たちなので、
山戸もそのうち音信不通になり業界から足を洗いまた普通の生活に戻るだろう

みんなのお金の大半は●●●の懐へいき、
山戸という田舎の貧乏青年の臨時ボーナスとして支給される

そして●●●はもう次の塾の準備を始めている

要するに

ご苦労さんってこと

山戸大輔 ゲームセンターオンライン – 田中(仮名)
2017/07/01 (Sat) 21:38:39
山戸大輔(仮名)は雇われ演出者で実はK=加藤かなw
加藤は●●●と写ってるから動画の反応は演技

山戸はline@でオプトイン流して新たに稼ぎ初めました
ゲーム存在しませんね。
被害者の数は何百人といます

山戸大輔 ゲームセンターオ – 田中(仮名)

山戸大輔 ゲームセンタ – 田中 (仮名)
2017/07/04 (Tue) 15:20:03

●●●はカタログビジネスでインタビュアを引退となってまして、悪評があまりに酷いので辞めたのでしょう
加藤のFBに●●●も写ってますしw
友達欄も見て下さい
見事なまでに炎上した事がある名前勢揃いですからw
今回のゲームセンターオンラインの仕組みは最初から加藤も知っていたという事でしょうね
私の憶測では加藤は山戸の合同会社の社員でゲームセンターオンラインに参加していないと推測しております。
調べると面白い事がわかりますよ山戸という人物についてww
確実にアウトLevelwww

情報商材屋の裏側

情報商材屋の裏側

皆さん、如何であろうか?

情報商材を販売するにあたり、アフィリエイトセンターが企画を行い、演者を雇ってランディングページや動画を作製していることがお分かりになって頂けたかと思う。

一応、黒幕の名前は●●●とさせて頂いたが、当ブログを見て頂ければ、それが誰なのかは・・・

分かるよね?

 

無料オファーで、自身の経歴を、某大手金融機関に在籍し、その後独立などと謳って、偉そうに金儲けについて語っているのは、そのほとんどが雇われた演者というのが実情である。

演者募集
引用元:https://www.lancers.jp/work/detail/2751888

この演者募集↑は、クラウドソーシングサイト”Lancers”の所謂”無料オファーの演者募集”である。

このような、募集に応募して、凄腕の投資家として登場するのが、

阿部剛

本間友希

こういった方々である・・・

この間展開された、ジョニー阿部氏のオファーのように、海外の方が主役の場合は、モデルが起用されるパターンもあるね。

ピエロ ジョニー阿部 MANTIS-マンティス- ピエロ 18.57倍
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=nxFI56ERMI8&feature=emb_logo

ピエール
引用元:http://www.junesmodels.com/profile.php?id=009522

つまり、皆さんが、心を奪われるオファー主は、ほぼ演者であると思って頂いて良いだろう。

黒幕はその裏にいる連中だね・・・

情報商材屋の裏側 大集合

情報商材屋の裏側 ●●●&●●

 

騙されないために行うべきこと

それでは、騙されないためにはどうすればいいのか?

まず、オファー主を検索してみよう。

例えば、先日のオファーで検証をした、

Slow Life Club-スローライフクラブ- 北村新 月収50万円の安定収入って…怪しい…

このオファーの北村新氏を検索すると、

北村新

このように、そのオファー以外の情報が全くヒットしない。

それに反し、先ほどその名前を挙げたジョニー阿部氏のように、

ジョニー阿部 評判

その残念な評判が数多くヒットする方もいる・・・

評判が少な過ぎる方、残念な評判が数多くヒットする方、共に注意が必要だ。

 

しかし、当ブログでおススメしているこのオファー↓のノウハウ提供者である、岡安盛男氏は、

岡安盛男 FX極 試してみる価値アリ?ついに稼げそうな商材が出現かっ!?

2009年11月 岡安盛男 チーフアナリスト兼シニア・マーケティング・マネージャー就任。

2009年12月 岡安盛男 チーフアナリストによるオンラインセミナーを開始。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%A0

とか、

http://www.radionikkei.jp/personality/moriookayasu.html(←ラジオ日経のHPにリンク)

で、もう一つのおススメ商材↓も同様で、、、

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー) 本物かっ?

https://www.facebook.com/kazuya.matsuda.3990

ノウハウ提供者である、トレーダー和也氏自身のFacebook↑や、

トレーダー和也氏が出演したことのあるという、ホンマルラジオのHPにて証拠を確認することが出来る。↓

http://honmaru-radio.com/category/kazuyafx/

これらのように、該当オファー以外のところに情報があることは、ノウハウ提供者の存在もきちんと確認できるし、そして、何よりも信憑性があがるよね?

 

だが、芸能人が推薦しているモノは注意が必要だ。

INFINITY PROJECT 五十嵐久徳 保阪尚希 どうした?尚希??徹底鬼検証!

そもそも、芸能人は、投資などとは無関係だしね・・・

芸能人=信頼度アップではないことは頭に入れておいて欲しい。

保阪尚希が『情報商材詐欺』の広告塔に! 本人直撃でみえた経営実態

グノシーのコラム↑

 

上手い話などそうそうない。

そして、そういった話には必ず落とし穴がある。

まずは、ネットで検索をする癖を付けて頂きたい。

また、情報商材にはステマサイトもあったりするので、そこもご注意願いたい。

http://seoption.info/archives/3375

ゲームセンターオンラインのステマサイト↑

こういったモノが引っかかってきた場合は、更に深く情報を探す必要があるね・・・

matomaのチェック項目

度々当サイトで、情報商材での被害状況として引用させて頂いている、集団訴訟サイトのmatomaに30秒で悪質情報商材診断というコラムがある。

その内容が非常に分かりやすいので、こちらも引用させて頂く事にしよう。

1. LINE@に誘導される 〇 or ✕
2. 「確実に」「100%」「絶対」という宣伝文句を多用している 〇 or ✕
3. 販売サイトに締め切りまでのカウントダウン表示がある 〇 or ✕
4. 別の商材を買うように勧誘される 〇 or ✕
5. LPと実際の商品の中身が違う 〇 or ✕
6. 販売者が以前も同じような情報商材を販売している 〇 or ✕
7. 返金申請が通らない 〇 or ✕
8. プライバシーポリシーに第三者へ情報が渡されると記載されている 〇 or ✕
9. 販売者が世界的な〇〇〇で、日本での知名度がない。 〇 or ✕
10. 商品が10万以上など高額 〇 or ✕

いくつの質問に当てはまったでしょうか?

もしも7個以上該当するようなら、その情報商材は悪質な詐欺商材 であると考えていいでしょう。
https://mato.ma/column/1757

matomaさんは7個以上といっているが、2~3個当てはまったら注意した方がいいかな・・・

 

それと、当ブログのような情報商材を批判しているサイトにも注意が必要だ。

情報商材のレビューブログも信用してはいけません。調査してレビューが書かれているため、信頼できるサイトだと思ってしまいますが、他社の情報商材を批判して、その上で別の情報商材を提案しているのです。

レビュー内容に納得して評価者を信用してしまうと、特定の情報商材や高額塾に勧誘されてしまうため、レビューブログには注意しましょう。
https://mato.ma/column/2241

実際に”あるサイト”で被害に遭ったという報告も読者様からきている・・・

どのサイトかはここでは明らかにはしないが、気を付けて頂きたい。

当然、俺がおススメしている商材も疑って頂いて結構だ・・・

というか、それくらい用心して頂いたほうが良いと思うよ。

 

騙された…と気づいたら?

いくら用心しても騙される場合はある。

まあ、俺もその中の1人だ(といっても俺の場合まるで用心していなかったが…)・・・

ということで、騙された…と、気が付いた際にやるべきことを以下に挙げさせて頂く。

内容は、被害に遭われた方から相談を受けた際に、俺から送ったモノとなる。

(クレジット決済の場合と仮定して手順を作成。)

①情報商材を返品したいと業者に伝えて下さい。
連絡をした場合は、録音レコーダーでやりとりを録音、メールでのやりとりの場合はメールを保存しておいてください。
(国民生活センター、弁護士、警察に相談する際に役に立ちます。

又、以下の旨をお伝えください。
・広告の内容と実際の商品が異なる
・記載されていたような結果を得るためには、隠していた条件がついていたりしたこと
ここで返金されるのは稀ですが、可能性はあります。

②クレジット会社に連絡を入れて下さい。
支払停止の抗弁といって、手数料を含めて4万円以上の商品を購入した場合、それが詐欺などによって販売されていたものであれば、カード会社からの請求を拒否できます。
チャージバックの可能性もあるので、支払いを止められるか確認して下さい。
その際、支払いを停止した理由、業者はどのような対応をしているかなどの情報、を聞かれると思うので答えられるようにしておいて下さい。

③国民生活センターに相談して下さい。
下記URLは国民生活センターのモノです。
まずは、閲覧してみて下さい。
http://www.kokusen.go.jp/
担当者次第ですが、頼りになるところです。

消費者ホットライン(188)への電話でもいいかもしれません。

④弁護士に相談する。
お知り合いに弁護士の方が居ればその方で良いかと思いますが、いらっしゃらない場合は法テラスでの相談が良いかと思います。
法テラスURL↓
https://www.houterasu.or.jp/
60万円以下の金銭の支払請求については、少額訴訟で争うことが可能です。
少額訴訟は、費用、期間(裁判1回でその日のうちに判決)共に、少なくて済みます。

少額訴訟制度(しょうがくそしょうせいど)とは、日本の民事訴訟において、60万円以下の金銭の支払請求について争う裁判制度である。 民事訴訟法に規定がある(368条から381条まで)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E9%A1%8D%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E5%88%B6%E5%BA%A6

*国民生活センターは、独立行政法人国民生活センター法に基づき設置された日本の独立行政法人です。
*法テラスは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。

⑤最寄りの警察署に被害届を出す。

*集団訴訟という手もありますが、これは結構時間が掛かったり、参加者の足並みが揃わないというデメリットがあります。
しかし、手段のうちの一つとして加えてみてもいいかもしれません。

https://mato.ma/(集団訴訟サイトmatomaにリンク)

 

騙されたと気がついたら泣き寝入りする前に、やれることを是非行って頂きたい。

泣き寝入りは、情報商材屋の思うつぼだからね。

それでは、本日はここら辺にて。